仕事なブログ

仕事に関するあんなこと、こんなことを取りとめもなく書き綴るブログです。

オープニングスタッフで働くメリットとデメリット

f:id:kutsurogi-life:20171012091618j:plain

 

仕事を探している人の中にはオープニングスタッフとして働きたいという人もいることでしょう。

 

オープニングスタッフというと、それだけで何とも魅力を感じてしまう。

 

そのような私たちを引き付けるものがありますね。

 

そんなオープニングスタッフですが、いったいどんなメリットがあるのでしょうか。

 

またはメリットばかりでなくデメリットもあるはずです。

 

このページではオープニングスタッフで働くメリットとデメリットを考えてみたいと思います。

 

オープニングスタッフで働くメリット

まずオープニングスタッフで働くことのメリットを考えてみると、まず思い浮かぶのは、スタッフ全員が新人でみんな同じスタートラインに立てるということです。

 

煩わしい先輩後輩の関係もないのでみんな対等な人間関係のなかで一から仕事と職場を作っていくことができる環境に恵まれています。

 

先輩も後輩もいないので、パワハラをするような意地悪な先輩にあたる確率も大幅に減らすことができます。

 

そして、何もないまっさらな状態からみんなで力を合わせて職場を作っていけることはオープニングスタッフならではの特典と言うことができるでしょう。

 

オープニングスタッフで働くデメリット

しかし、オープニングスタッフにはメリットばかりではありません。

 

デメリットもあるのです。

 

そのデメリットとはどの様なものかと言うと、それはスタッフ同士の権力争いです。

 

職場などの人が多く集まるところには、指導的な役割をするリーダーが求められます。

 

みんな同じスタートラインから始めたオープニングスタッフたちもいずれはその中からリーダーを決めなければなりません。

 

そんな時に権力争いのようなことがスタッフの間でしばしば起こるのです。

 

運よくスタッフみんなが同じ方向性を志向しているならこのような争いごとは起こらないのですが、それぞれ求めるものがみんな違っていた場合は大変です。

 

「私はこうしたい。」

 

「いや、私はこうだと思う。」

 

というような意見の違いによるスタッフ同士の衝突です。

 

そんないざこざの中で、辞めていくスタッフも実は多いのです。

 

というようにオープニングスタッフにはメリットばかりでなくデメリットもあることがおわかりいただけたかと思います。

 

とはいえ、やはりオープニングスタッフという言葉には、人々を引き付ける強力で不思議な力があるものです。

 

求人広告などに「オープニングスタッフ募集!」などと書かれていると思わず注目してしまうものです。

 

そこで応募するも良し、また見送るも良し。

 

未来のことは誰にもわかりません。

 

吉と出るか、凶と出るか、全ては運次第ということでしょうか。

 

仕事探しはこちらから⇒【バイトルNEXT】